カードローン借り換え

低金利でカードローンを借り換えて返済の総額を少なくしよう!

カードローンの借り換えの画像

カードローンの借り換えとは、正しく最後の砦です。このローンを利用するという事はすでに多重債務の状態にあるかそれに近い状態であるからです。複数社から少しずつ借りていたとしてもその総額はかなりの金額になっていることがしばしばあります。又、現在は総量規制によって年収の三分の一を超える貸し付けを行ってはいけなくなっています。

 

通常の人なら毎月の給料の三分の一を返済に回すと生活が成り立たないのは当然です。但し、このカードローンの借り換えは借り手に一方的に有利な状態を作り出すという理由で年収の三分の一を超える事が認められる特例ローンなのです。

 

ですから、カードローンの借り換えを扱うのは銀行や大手の金融会社に限られますし当然審査も厳しくなります。最初に最後の砦と言ったのはこの特例措置に則ったローンだからなのです。そのため、簡単に審査が可能な自動審査などの簡単な審査の方法はないんですね!

 

しかし、その場合でも収入証明書などの書類がなくても実際には借りられるところはいくつかあるんですね。そのような収入証明書不要のキャッシングなどをうまく利用するとカードローンの利用はうまくいくかもしれませんね。借り換えの際にはなかなか難しいかもしれませんが・・・

 

例え、年収の半分にまで借入が達していたとしてもその返済期間を長期化する事で月々の負担むを軽くする事が可能です。しかし、カードローンの借り換えの利用をしなければならなくなったという事は既に自己破産の一歩手前にあるのと同じ事なのです。そんな時には融資が複数に及んでいる場合にはローンの一本化を考えた方がローンの総額を下げることは可能になるんですね!

 

そのため、融資額の増額などを検討する前にまずは今の借金をしっかりと返済するための手段をしっかりと検討していかなければいけないんですね。それは借金をして自己破産の状態に陥らないためにとても重要にポイントになってきます!

 

現実の認識を明確にした上で利用するならこれほど心強いローンは他にはないでしょう

消費者金融をうまく利用するのが重要!

消費者金融というと、少なからず負のイメージがあるかも知れません。例えば、借金を借金で返す自転車操業になり、結局自己破産してしまうなどのケースがあります。では、消費者金融をうまく利用するというのは、どういうことでしょうか。

 

例えば、消費者金融には、30日間金利無しなどの期間が設けられていることも多いです。

 

どうしても、まとまった金額が必要だけど、次のお給料等の返すめどが付いた上でキャッシング申し込みによって融資を受ければ、何のリスクもありませんよね。また、例えば旅行とか学費などまとまった金額が必要で、それを分割で返していく場合もしっかり計画を立てましょう。

 

融資を受ける前に返済計画をしっかり立てておくことが重要です

 

今月は借金を1万円返したけれど、給料日前に結局1万円足りなくなってまた消費者金融から借りたとなれば、いつまで経っても借金が減りません。計画に無理がないか、あるからつい、気が緩んで使ってしまうのかをしっかり見直しましょう。むしろ、感覚が麻痺して限度額までがまるで貯蓄のように思えてどんどん借金を重ねてしまう方も多いです。

 

それでも、まとまったボーナスが支給されてそれで一括返済ができれば良いでしょうが、ボーナスもいつカットされてもおかしくありません。借金が長期化すれば、借金をしていなければ払わなくて良い金利に沢山のお金を必要としてしまいます。

更新履歴


このページの先頭へ戻る